SANSUIEN BLOG

晴天の下気持ちよく

お疲れ様です。

 

本日はナムさんが代理人を務める都内某所の現場にて、池の水草除去作業に行ってきました。

 

 

毎年2回除去をしているのですが、毎回繁茂しております。弊社のカズ博士に聞いたところ、千切れた水草からも根っこを出して繁殖するそうです。ゾンビのようですね笑

みんな胴長を着て、半袖姿でひたすら水草を除去しております。この季節は水が気持ちよく感じられます。

 

 

池の中にはオタマジャクシやザリガニ、ヤゴ、タニシなど多くの生き物がしております。カイツブリも例年通り巣を作って卵を守っておりました。丸見えなので天敵に狙わられないか心配です。

 

 

僕ら人間の匂いがつくだけでも、巣に近寄らなくなる可能性があるということで、巣から1メートル内の水草は残すことになりました。無事に巣立つのを祈りましょう。

 

 

ヒュウの姿がありますね。4月から2ヶ月間実家のあるイギリスに帰省しておりましたが、昨日から復帰しております。帰省中に車の免許も取得したみたいなので、これからはドライバーとしても安全運転で活躍してもらいたいと思います。

 

今日は晴天の中、水に入って気持ちよかったですが、また明日から天気が崩れるみたいです。体調に気をつけて頑張っていこうと思います!

神宮外苑イチョウ並木 完了

お世話になっております。 約3ヶ月ぶりの投稿で書くことを久しぶりに感じます。 令和となり新しい時代の幕開けの中、弊社も一丸となり今年度の仕事も順調にとれ、業務に従事出来る事を皆様方に感謝するばかりです。 昨年の年度末にて無事に完了した現場ではございますが、社員の安全管理と努力を讃える為、お知らせしておきたいと思います。 樹高約28mのイチョウ並木。道路側の並木は通常の高所作業車(約27m)にて天端の剪定を行いますが、 歩道側の並木は届かない為、最後は40mの高所作業車を導入し、仕上げていきます。 ドローンで撮影したかのような写真。 乗った人しか体感出来ない経験ですね。弊社網野が現場指揮を行いながら、撮ってきてくれましたが羨ましい限りです。 28mのイチョウを見下ろすとこんな感じに。 やはり天端の先は細く、ロープワークの技術を用いても限界があり剪定するのは危険です。 高所作業車のブームが屈折し歩道側の並木に対し、優に届いているのが分かります。 まだまだ余裕がありそうですね。ちなみに日本一高い高所作業車は88m。世界一はヨーロッパの103mと言われておりますがどんな景色か見てみたいものです。 天まで伸びていきそうなイチョウ達。 高所作業車にて手入れもしながら、並行してclimbingでの作業も。 まだまだ寒かったですからね。しっかりと着込んでおります。 協力会社様のお力添えの中、社員達の努力も実り、無事故で無事完了する事が出来ました。 期間は約2ヶ月かかりましたが、皆の表情は達成感と安堵感に満ちておりました。 4月には新緑が芽吹き、今では緑豊かなイチョウ並木が見られます。 今後とも皆に愛される、このイチョウ並木を見守っていければと思います。 皆様ありがとうございました。